受験するということを子供自身が決めたとしても、勉強漬けの毎日を送っていると、やはりある程度のストレスを感じてしまうものです。中学受験になったら、自分でどこどこに行きたいところがあるという気持ちも固まっていて、親がやりなさいと言って受けさせるという人は少ないでしょうが、やっぱり自分でのぞんで受けると決めたとしても、どうしてもストレスというのは 溜まり溜まってしまうものでしょう。適度に体を動かしたりして、ストレスを発散させることが出来たらいいのでしょうが、受験勉強をしているとそれですら時間がもったいない気がしてしまって、ストレスがたまっていく一方になってしまっている人もたくさんいます。

ストレスというのはたまりすぎてしまうと、体に不調を与えてしまうものになるので、やはり、あまりにひどいストレスは抱え込むのではなく、うまく発散をしていかないといけません。確かに受験勉強をしていると、1分1秒が大切!!という考え方になってしまうかもしれませんが、ストレスがたまりすぎて、不調がでてしまって大変なことになってしまっては意味がありません。ストレスがたまりすぎないように、うまくスケジュールをたてないといけません。