中学受験をすると決めたら、子供だけの戦いになるわけではありません。親もしっかりと子供を支えてあげる必要がありますし、子供だけの戦いではなく、家族にとっても戦いになるのです。子供が受けるから私は関係ないと思っている親は少ないでしょうが、もっとあの時にしっかりとサポートしてあげることが出来ていたら・・・と後悔するようなことになってしまっては遅いので、しっかりと中学受験をする親としての心づもりを始めていかないといけません。

自分で中学受験をすると決めたとしても、どうしても子供のやる気がずっと長続きし続けるという確証はありません。気持ちというのはどんな人であっても、浮き沈みがあるものなので、やる気がなくなってしまう時がやってくることがあったとしても仕方がないのです。そんなときに、どうやってやる気を出させるのか、それが親にとって大きなサポートになるといえるでしょう。大切なのは、そこに至るまでにしっかりと努力をしてきたことを認めてあげることが大切です。そして、子供の生活にもよりますが、ほめて伸ばすというのはとてもいい方法でしょう。「また頑張らないと」と思えるほめ方を事前にしっかりと研究しておくのもいいでしょう。