子供にとって大きな関門になるといえる中学受験ですが、実際のところ、中学受験を受けるというのを決めるのは子供自身であることが多いでしょう。もうしっかりと自分の意志をもって生きている年になっているので、親のしいたレールの上ではなく、子供が自分で決めたレールにそって進んでいこうとする、その子供の決断をしっかりと応援してあげたいところです。自分で決めた道だからこそ、一生懸命頑張ることが出来るのですが、どうしてもその受験という大きなものに対して不安に感じてしまうのは当然のことでしょう。

子供が不安に感じているというのが、親としてそばで見ていてわかることも多々あるでしょう。そういったときは、その不安な気持ちをしっかりと理解してあげて、一緒に悩んであげる、受け止めてあげることが大切です。不安な気持ちを抱えたまま過ごしているとどうしてもストレスを感じてしまうでしょうし、勉強にも悪い影響を与えてしまうことになることもあります。そういったことになってしまったらどんどんと不安が増していくという悪循環になってしまうでしょうから、少しでも不安が軽くなるように、一緒に悩んで一緒に考えてあげましょう。ただ一緒にいてくれる、それだけで子供にとっては大きな安心感を得られるものです。