中学受験をすると決めたときに、大切なことは、どこの学校を受験するのかということを決めることも含まれています。第一志望というのは、一番行きたいと思っている学校でしょうが、それにあわせて日にちなどを考えて併願の学校を決めたりということをしていくことになるでしょう。成績のことも考えてどこに中学にするかも決めていかないといけないのですが、自分が行きたいと思っている学校と、自分の成績があっていないこともあるでしょう。そういった場合は、子供の希望を優先ではなく、やはり受かるところにとなる場合が多いでしょうが、子供の意志をしっかりと聞いてあげることも大切です。

受験する学校を選ぶときには、通うことになる子供が納得しているのかどうかがとても大切になります。納得していないと、無事に合格して春から通うことになるということになっても、子供自身が中学校生活を楽しむことが出来ないということになる可能性があります。そうなってしまってはせっかくの中学受験の意味がなくなってしまうでしょう。乗り切った先に、良かったと思えるようにするためにも、子供の意見をしっかりと聞いてあげるということが大切です。家族でしっかりと話しあいの場をもちましょう。