せっかく中学受験をするのであれば、やっぱり合格してほしいと思うのは、親としての当然の願いです。しかし、現実として、受かる子もいれば、落ちる子がいるのも事実です。どうしたら、合格する子になるのでしょうか。もちろん、勉強の成績がいいというのは条件としてあげることができるでしょうが、他にも受かる子と落ちる子の違いというのはあるのでしょうか。合格力という言葉を使うのであれば、合格力がある子というものの特徴というものを知っておきたいと思う人はたくさんいることでしょう。

よく言われるのが、自分のことは自分でできるという子は、合格力が高いと言われています。自分で考えて、自分の意志で動くことが出来る子というのはやっぱりしっかりとしています。出来ないときに、自分でまずやってみるのではなく、誰かにすぐやってというとか、考える間もなく親が助けてしまうというのもよくありません。子供が自分でやっていけるように、思わず手をかしてあげたくなる気持ちもわかりますが、そっと見守ってあげる優しさも大切です。助けてあげたいという気持ちを大切にもっていてほしいですが、少し子供に任せてみようと信頼する気持ちも忘れないようにしましょう。